テーマ:旅行記

アムステルダム・ブリュッセル旅行記(その6) 帰国

 楽しく過ごした旅行も、いよいよ帰国です。 到着日は夜だったので、EU最大の空港スキポール空港を 観光します。  本当にでかい、広くて帰りのフライトゲートを探すのに一苦労しました。  ちなみに、朝食はahのオリジナルサンドウィッチ&残りの赤ワイン。  今まで食べたサンドウィッチの中で一番おいしい。 (日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダム・ブリュッセル旅行記(その5) 

 旅行5日目は、コテコテの市内観光をします。 まずは、「アンネフランクの家」です。  ちなみに今日の朝食は、BRUのサンドウィッチです。 結構おいしい。      トラム13番と17番の両方が利用でき、「Westerkerk」という駅 西教会なんでしょう。  平日にもかかわらず朝早くから入場待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダム・ブリュッセル旅行記(その4) By タリス特急

 旅行4日目は、ベルギーのブリュッセルに日帰り旅行に 出かけます。  日帰り旅行の最大の目的は、「タリス」に乗車すること。  なぜなら・・・  ボクわ、  鉄道オタクだからです。  ユーロ3大特急といえば、ユーロスター、ICE、タリス。  ユーロスターは制覇したので、2発目を制覇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダム・ブリュッセル旅行記(その3)

 旅行3日目は、ちょい足を伸ばして風車の観光地  「ザーンセ・スカンス」に行きます。  アムステルダム中央駅からスプリンター(各駅停車)で15分程度で 到着します。  切符の購入は、さすがに慣れました。  日陰の時は、白い息が出るほど冷え込んできました。 さすが、日本とは緯度が違います。  駅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダム・ブリュッセル旅行記(その2)

 旅行2日目は、市内観光をします。 最近ルーティーンになっている方法で・・・  それは、「楽たび」  一番最初に一通りのスポットを、ざっとみてしまうことです。  これにより、景色や方位がインプットされ、 後日のゆったりとした個人観光が可能になります。  まず、午前中に採用したのは「バス」です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダム・ブリュッセル旅行記(その1)

 お疲れ様です。 浅草発、成田経由でアムステルダムに無事到着しました。  スキポール空港からホテルのあるアムステルダム中央駅付近までは、 国鉄(NL)を使います。  窓口で購入すると手数料を取られるので、自動販売機で購入します。 メニュー画面で、左下の英語を選択します。 (手数料:コインは無料、カード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホークスはVV、ボクはVVV・・・

 お疲れ様です。 優勝戦線から離脱したホークスのスローガンは・・・  「VV」ブイブイでした。  そして、ようやくとれたボクの夏休みはVVVです。  これをみて・・・  「うっ!!!」と    旅行先がわかるのは、I副長だけだと思います。  とりあえず、更新ができる状況でしたら、  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスボン旅行記(その8)

 リスボンではありませんが、リスボン近郊旅行記・・・  「シントラ・ツアー」に参加します。  集合場所は、宿泊地であるマーケス・デ・ポンバルホテルから、 徒歩2分程度です。  グレイライン社やシティラマ社が開催するツアーの集合場所です。 ちなみに、cityツアーも開催しています。  シントラツアーは、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リスボン旅行記(その7)

  午前中は、ベレン地区のマヌエル様式の最高傑作と  謳われる建築。  ジェロニモス修道院を訪れます。       毎度おなじみとなったフィゲイラ広場から、トラム15Eに乗ります。   今更ですが、この広場は色々な場所へ向かうコア的な場所です。  治安は悪いと言われますが、夜間は特に注意しましょう。   そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスボン旅行記(その6)

 「ラーラ・ララ・ラーラララ・ララ・・・  ショー シュー リッ キー」  このCMの歌・・・  実ゎ、ポルトガルの国民的音楽ファドを流用しているのです。  でもって、エステー化学の消臭力CMで、ミゲル君が歌っている  バックの景色が夜になるとこんな感じです。    ファドを堪能した後は、ミゲル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスボン旅行記(その5)

 月曜日は、アルファマ地区を攻めます。 というのも、ほとんどの施設が休館日なので、 そんな選択になりました。  ロシオ広場から見上げる朝の街並みはgood!!!  サン・ジョルジェ城へは、フェゲイラ広場から中型バス737で 終点なので、簡単にいくことが出来ます。  トラムでも、近隣までは行けますが、登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスボン旅行記(その4)

 ツアーバス&昼食後は、個人観光です。 フィゲイラ広場からトラム15Eでベレンへ向かいます。  リスボンの交通機関は、地下鉄・トラム・バスがあり、 リスボンカードやICカードで乗降できます。  リスボンカードは、有効時間が24,48,72時間があり、 それぞれ値段が異なります。 博物館や主要観光施設が無料や割引になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスボン旅行記(その3)

 車窓からの風景をご覧ください。 チケット購入時にイヤホンが支給され、ジャックに差し込み チャンネル”8”を選択すると日本語のガイドが流れます。  ポンバル公爵  エドゥアルド7世公園(上部より旧市街を望む)  旧刑務所  エストレラ大聖堂 トラム25Eのポイント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスボン旅行記(その2)

 お疲れ様です。 日曜日は、午前中にリスボンカードで割引になる ツーリストバスに乗りました。  4つのツーリストコースがありますが、私がチョイスしたのは ”TAGUS TOUR”です。  基本的な有名どころの場所と雰囲気を楽しむことができます。 また、21の停留所で乗降して、その場所を観光することも良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスボン旅行記(その1)

 浅草から成田空港までチョー便利になった アクセス特急を使用して、エールフランスでパリまで行き、  23時前にリスボンに到着しました。 リスボンカードを購入して、43%ディスカウントになる イエローバスの終バスにに滑り込みで間に合いました。  ホテルに到着して、ひとっ風呂浴びて・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋旅は男3人in鳥取(その2)

「だっ、だめだ、もうゲロ吐いてしまう!!!」 周辺にいたお客さんたちは足を取られながらも 遠ざかろうと必死だ。 「大丈夫かぁ~~~~~」 なんとかこらえて事なきを得た。 危ない、危ない。  その後、砂丘会館などを観光して市内に戻る。 昼食は、日替わり定食。 内容はふつーだけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋旅は男3人in鳥取

 秋旅といっても、大学時代の同級生が 結婚式を鳥取で挙げるのでこのような旅程になった。 金曜日19時35分 羽田発のANA鳥取行きに搭乗する。  この日のために有給休暇を使ってまで準備していたSK君は、 こちらが到着する前に空港で生ビール3杯をたいらげていた。 かなり気合いが入っている。  F選手とも合流してとりあえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初秋の三連休は・・・

 10年ぶりの大型台風が一過した日本列島。 これから始まる秋の三連休はいかがお過ごしでしょうか?  スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋・・・ それぞれ充実できる3日間を過ごせることでしょう。  ワタクシは?と言えば・・・ クラブ員F選手とSK君の3人で、学生時代の結婚披露宴に 出席するために鳥取に出かけます。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行記(その4)

 アメリカンタイプの朝食もそろそろ飽きてきた。 いざ、ペトタワーへ!!! 地下鉄レプブリキ駅からナードロニー・トゥリーダァ駅へ 行き、トラム22でケーブルカー駅の最寄り駅ウーイェストへ行く。 下車してケーブルカーの駅までは3分程度、 市営交通なので、トラムや地下鉄と同じ切符で乗車できる。 (奥の民家のような建物がケーブルカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行記(その3)

 アメリカンタイプの朝食を済ませ、 いざ、プラハ城へ!!! 地下鉄レプブリキ駅からナードロニー・トゥリーダァ駅へ 行き、トラム22でお城の裏側プラジスキー・フラドへ行く。  一般的にプラハ城へはマロストランスカー駅からの 急こう配の坂道を長距離のぼるルートが一般的だが、 時間のロスと鉄道おたくの私はあらゆる乗物を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行記(その2)

翌日、アメリカンタイプの朝食を済ませた後、 一番はじめにすることは、 「プラハカード」を購入すること。 これでほとんどの観光スポットが入場できる。 4日間有効で740ck。 もとがとれるかは自分次第だ。  ハンドブックとセットになっていて、 後半5ページ程が切り離しチケットになっている。 入場口にて、カードを提示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラハ旅行記(その1)

 ウィーンに向けて10時55分にフライトする オーストリア(以下OS)航空機は準備万端のようだ。 成田空港でボーディングパスを受け取り、 その後はANNで両替を行う。  チェコ共和国はシェンゲンではあるが、 まだまだユーロは使えない場所が多く、8割は チェココルナという今までの外貨に交換した。 1コルナ=約6円という慣れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more