テーマ:富士登山

富士登山物語(宿 題)

 そういえば、富士登山帰宅の途中で、 メンバーから宿題を与えられた。 それは「○合目」の定義について。  単に山の高さを十等分したわけではないらしく、 標高とは関係ないようだ。  あくまでも山に登るための目安で、登山口から頂上まで 登山の難易度によって基準が違うようだ。 つまり、登山口から上りやすい道が続く場合は…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

富士登山物語(帰宅後)

 富士登山から数日間は両膝の痛みがひどく、 動くことさえままならなかった。 (全治3週間でした。) そんなわけで、新規に購入した登山靴は 汚いまま。  砂れきで削り取られ、つやが無くなっている。 ブラシがけをして、水洗いを行うもあまり キレイにはならなかった。 富士登山がよっぽどハードなことを裏付けている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士登山物語(五合目~下界へ)

 帰りの道中に御殿場市内にたちより、 駿河湾特産の桜エビを使った桜エビ天そばで 舌鼓をうつ。 登山のハードさに加え、下界の暑さはあまりにも ひどかった。 塩分を多量に失ったメンバーは、食べ放題の 漬け物をおかわりしまくる。 本能からくる塩分補充行為なのか。 かき揚げはタマネギや人参などでかさ増しをしない 正真正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士登山物語(九合目~五合目)

 九合目の山小屋前に戻り、今度は SOY JOYプルーンを食べて エネルギーの再補充を行った。 これ、大豆ですから・・・ 山頂は間近で当然ながら勾配はオニ急勾配だ。 壁を見上げながら登るという感じか・・・ いや、見上げてはいけない。  両膝が痛みのためにほとんど曲がらなくなった わたしは、とうとうストック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士登山物語(元祖・七合目~九合目)まさかご来光が・・・

 元祖・七合目でSOY JOYアプリコットを食べ、 長めの休憩をとった後、気持ちを切り替えて 八合目に向かった。 勾配はさらにきつく、足下は悪条件の連続だった。  休憩を頻繁に入れ、酸素も度々取るようにした。 酸素を吸い込むと多少からだが楽になる。 もしもの対策で直前の土曜日に購入した1品が こんなにも役立つとは思わな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士登山物語(登山にはSOY JOY)

 休憩中に最適な食事は、ゼリー状の栄養ドリンクや 顆粒状のサプリメントなどがあるが、 持久を要する登山はある程度の空腹を満たしてくれる 物がよい。  本格的なお弁当をがっついている人もいたが、 満腹になるとその後の登山に支障をきたしてしまう。  そんなわけで今回、わたしが持参したのは 「これ 大豆ですから^^」のキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士登山物語(五合目~七?合目)

 五合目からアタックを開始して、六合目までは それほど厳しい山道もなく、スムーズに登ることが できた。  車を含めて急激にここまで上がってきたせいか、 気圧がさがったせいか、まだ体が慣れていないのか、 少し疲れていたので軽い休憩をとった。  六合目からの登山道は今までとは違い、厳しい。 砂れきと大中小の様々な岩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準備O.K(富士山登頂)

 昨日、登頂アタックメンバーと登山グッズを 購入しに行った。 またまた神保町と相変わらずの場所ではあるが、 今回はスキーショップではなく登山ショップと 始めてだらけ。  本格的な登山靴を持っていないことから、 足下から順々にそろえていった。 夜間登頂に必要なLED照明や呼吸が辛くなった 時に使用する酸素などを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

緊急連絡(訂正版)

 富士登山の下見に行ったI主任から 報告を受けた。 場所は最近常連化しつつある 「信濃路」 いろいろな話の中で、 「富士山登頂ツアー」が急遽決定した。  出発は8月3日(日)の夕方。 解散は月曜の昼過ぎ・・・  参加される方は、本日中に連絡下さい!!!
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

速報!!! I主任が下見のため富士山登頂へ

 本日、富士山登頂ツアー担当のI主任から、 登頂途中の現地速報を受けた。  午前中は5合目、午後からは6合目と着実に山頂へ 向かっているとのこと。 低酸素・低気圧に注意して安全な登山をクラブ員一同 願う。  今夜は山小屋で宿泊し、明日はご来光の写真が届く であろう。 ついでに・・・ 打ち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more