テーマ:大会

スキーレーシングの衰退

 毎シーズン必ずお世話になっていた野辺山スキー場が 07~08シーズンをもって営業を終了した。 レーシングに特化したスキー場が営業を終了することは 我が国のレーシングスキーの衰退が始まる事を示唆している のではないか。  少子化やレジャーの多様化などからくる来客の減少を 受けて、ここ数年はコアな客つまりレーシングをメイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終戦in八ヶ岳(その2)

GS開催当日も抜けるような青空だ。 バーンは完全にゆるゆる状態で、 自分のスタートの時にはだいぶ荒れるだろう。  泣いても笑っても今シーズンK連盟最後のレースとなる。 悔いのない滑りをしたいところだ。 1本目はオーソドックスなセットだ。 トップ集団が35秒台のタイムを出している。 こちらは40秒を切ることが目標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終戦in八ヶ岳

 最終戦が行われる前日から現地入りをした。 板の整備ができていないので大忙しだ。 今回の宿泊先は常宿ではなく八ヶ岳にあるコテージ。 なぜかというと、閑散期キャンペーンで宿泊料金が なんと2泊で3,160円とチョー鬼ヤスなのだ。  そしてコテージということもあり、チューンも 食事も自分のペースでできるメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい季節

 今年も新しい季節がやってきた。 桜の花もなんとか残り、入社式にはおあつらえ向きと 言ったところだろうか。  今年度の新人は“カーリング型”と呼ばれ、 1つのストーン(新人)を数人がかりで導いていく。 みんなで声を合わせ、ブラシを一生懸命こすり コントロールしていくという何とも大変なこと。  一方で今年の採用は景気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復調なるかin軽井沢(その2)

 2本目のセットはさらにテクニカルになっていた。 特に急斜面にセットされたヘアピン後のオープン4旗門は、 インターバル・振り幅共に癖がある。  ゴールから前走を見ていると明らかにミスをしている。 ここが勝負の分かれ目か・・・  2本目も相変わらず中断が多い。 スタート時刻は14時を過ぎていた。 急に曇り冷え込んだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復調なるかin軽井沢

 大会当日、朝は先日に続き気温が高かったせいか、 モヤっている。 開会式の頃には霧は消えて、春の強い日差しが照りつけていた。 旗門数は35旗門と例年通りだ。 女子→マスターズ→一般男子の順にスタートする。 春のザク雪で151番ビブは決して有利ではないが、 申込順なので仕方ない。  この大会は年々レベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調子↓↓

 SL当日、天気予報とは真逆に吹雪いている。 美奈コースは天然雪100%のソフトコース。 びっくりしたのは、1コースで滑ること・・・ いつもなら、コースの荒れを考慮して組別で分けている はずだが、今回はそれがない。  そんなわけで、ビブ209番という素直な順番でスタートする ことになった。 組別で7番スタートと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SLトレinツバクロ

SLトレ  天候 猛吹雪+ガス A.M  ツバクロNo.4コース SL32旗門  P.M  ツバクロNo.4コース SL34旗門+タイム計測  T民大会前日、菅平ツバクロエリアにて SLタイムトレに参加した。  残業の影響で出発は当日A.M4:30とやや早め。 元来、寝起きが良く朝6時前に起きているので そんなに辛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅平に向けて

 このところ、仕事が忙しく残業続きだ。 1人参加ということもあり、忙しい中 ホテルに宿泊予約を申し出るも、ことごとく断られ 直前になってようやく予約することができた。 この方法を我がクラブではSD戦法という。 (成功者SDさん、勝手に使わせてもらいます)    金曜日も残業となったことから、出発は 土曜日の明朝になり、到…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more